防災用品・非常食取扱店『エス・ポワール』 <<お問合せはE-mailまたはフリーダイヤル 0120- 329-099まで>>|SiteMap
特定取引に関する法律に基づく表示
防災用品セット 非 常 食 防災用品・単品 企業・団体向 総合案内 HOME
防災用品取扱い一覧 >>|防災用品を揃える >>|防災士・アドバイス >> 
会社案内 >>|特定商法表記 >>|プレゼント情報 >>|リンク集 >> 
災害情報トピックス
■気象庁「緊急地震速報」開始
テーマ:地震速報 10秒で何をしますか
−2006年8月−朝日新聞社説から

<朝日新聞社説抜粋>
 10秒後に地震の揺れがくると分かったら、何をしますか。
 気象庁が今月から「緊急地震速報」を始めた。強い揺れがくる前に地震の発生を知らせ、電車を止めたり、工場の操業を停止したりして被害をできるだけ小さくする。国土全域を対象にした世界でも例のない取り組みだ。

全文を読む--->>> 
■行政へのご提案書
テーマ:社会的な関心が高まる「災害時の医療救護体制の整備教化」課題について
−2005年11月−株式会社エス・ポワールからのご提案書

<提案書抜粋>
大規模災害を想定し、被害想定人数を割り出し、いかなる医療救護計画を作るべきかは非常に難しいのが実情です。大地震を想定する場合には、起こる時間を何時ごろと想定するか、例えば各家庭にあっては火をあまり使っていない朝10時頃の場合と、又は夕食の支度をしながら火を一番使っている午後6時頃とでは、全く被害状況は違ってきます。また、住民の人口だけを数えていたとしても昼間と夜では移動人口により数も変わってしまいます。更には被害想定人数に対し、医療機関の数、医師の数だけを数え、患者何人に対し、救護に当たる医師は何人との予想も難しいものです。

全文を読む--->>> 
■災害リスク情報(号外)
テーマ:宮城県南部で地震発生!頻発する地震列島日本。あなたの地域の地震発生リスクは?
−2005年8月−株式会社インターリスク総研災害リスク部発表の災害リスク情報から

<災害リスク情報抜粋>
8月16日、宮城県沖を震源とするマグニチュード7.2の地震が発生して、一部地域で震度6弱を記録しました。東北地方で震度6弱以上の地震を観測したのは2003年7月に発生した宮城県北部の地震(マグニチュード6.4)以来となります。この地震でスポーツ施設内のプールの天井パネルが落下する被害が発生しているなど、被害が広がっています。

全文を読む--->>> 

区切り線
防災用品セット非常食防災用品・単品総合案内災害情報トピックス防災用品見積りサイトマップHOME
区切り線
|お問合せは E-mail : info@espoir-oq.com    または フリーダイヤル 0120-329-099 まで|
【防災用品・非常食取り扱い】株式会社  エス・ポワール
東京都品川区西五反田7-9-4 ウスイビル4F   Tel03-3493-8071  Fax03-3493-8067
 酸素を携帯しよう!  “リスクの少ない応急手当”
携帯酸素医療用具「活気ゲン」、スポーツ酸素、酸素缶等
携帯酸素全般取扱いとペット用酸素マスクの紹介。
携帯酸素以外の酸素吸入器のご案内と応急手当に関する様々な情報のお届けと介護用品の取り扱い。
Copyright © 2007 “sonaearebaureinasi” espoir-oq All Rights Reserved.